前へ
次へ

部屋が狭くなっても断熱材を入れるリフォーム

古い住宅に住んでいてまだこの地に住み続けたいときがあるでしょう。
ただ今の建物にガタがきていてそのままでは住み続けるのが難しいかもしれません。
その時には建て替えをするかリフォームをするかの選択が必要です。
建て替えだと取り壊して建てるのでそれなりの費用がかかりますが、リフォームなら建て替えより費用が抑えられるかもしれません。
せっかくリフォームをするのであれば耐震性を良くする等以外にも快適性のアップも考慮すると良いでしょう。
古い住宅には断熱性の高い素材が壁や床などに入っていないことがあります。
断熱材が入っていないとせっかく暖房をしても暖まりにくいですし、冷房の冷気もどんどん逃げて外の熱が中に入ってきます。
断熱材を入れれば冬の寒い空気や夏の熱い熱を抑え、空調で蓄えた温度を保ちやすくなります。
ただリフォームで断熱材を入れるときは当然ながら断熱材分部屋の広さが狭くなります。
壁に入れれば数センチぐらいは狭くなるかも知れません。
床や天井も多少高さが変わるでしょう。

Page Top